不動産売却するか住み続けるかの判断について

不動産売却するか住み続けるかの判断をする前に、まずしなければならないのが、不動産査定です。不動産売却をすることでいくらの利益が得られるのかがわからなければ、決断のしようがないからです。

不動産査定を受けてみて、不動産の価値がローン残高よりも下回っていた場合には、不動産を売却するという選択肢をとることは難しくなります。なぜなら、ローンを完済できない場合には、通常の方法での売却が難しいからです。任意売却という方法なら、オーバーローンとなっている不動産でも売却ができますが、ブラックリストに載ってしまうなどのデメリットがあるので、やむを得ない事情がある場合以外ではおすすめはできません。

不動産を売却してローンを完済できて、なおかつお金が戻ってくるならば、不動産売却をすることでメリットがあるかもしれません。しかし、不動産を売却するよりも、住み続けるという選択肢を選んだほうが、多くの場合に金銭的なメリットがあるでしょう。

不動産売却をすることを考えている人は、なにかしらの事情があるケースが多いです。通勤に時間がかかりすぎるとか、子供が大きくなったので現在の家では狭く感じるとか、隣人との付き合いがうまくいっていないとか、ストーカー被害に遭っているといった事情などです。また、新しい家に住み替えることで、新しい出会いがあって、素晴らしいメリットがあるかもしれません。結局のところ、どちらの判断が正しいのかということは、後になってみないとわからないことです。ただし、金銭的なメリット・デメリットについては計算をすることではっきりと出てくるので、そこはしっかりと計算するようにしておきましょう。
http://xn--1dkzb290l5hezwa94vnp5c.net