キャッシュフィールドって怪しくない?金融ブラックの人もOKって本当?

急にお金が必要になったけど、今すぐ現金を用意できない…そんな時すごく困りますよね。

家族や会社にお金に困っていることをバレたくない、ブラックリストに載っているからお金が借りられない…という人も多いです。

そんな時、「あの時会社に立て替えたお金があったら現金が用意できるのに…」と思ったことはないでしょうか?

この立て替えしている経費を即!現金化することができるのが、キャッシュフィールドです。

借金ではなく、資金調達の新しい形であるキャッシュフィールド。このキャッシュフィールドについて詳しく調べてまとめてみました。

今すぐ現金が欲しい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

会社名株式会社 信カンパニー
手数料20%〜
現金化できる経費内容交通費・携帯代など会社宛ての領収書があれば基本何でもOK
現金化までの時間利用審査:最短5分
現金化まで最短で15分
在籍確認なし
領収書の種類会社宛てであること
営業時間夜8時まで(土日祝日もOK)
連絡先0956-37-8808

キャッシュフィールドってどんなシステム?

キャッシュフィールドとは、あなたが仕事をしているときに立て替えした交通費や携帯代などの経費を、会社の精算日より前に現金化してくれるシステムのことです。

サラリーマンの人は、仕事中に立て替えた経費は、会社の締め日に合わせて精算されるようになっています。

しかし、立て替えした経費が多くなってしまうと、家計を圧迫するほどの金額になってしまい、次の精算日までお金が足りなくなってしまうこともあります。

そんな時に活用したいのが、立て替え経費を現金化するシステムのキャッシュフィールド。

一旦自分が立て替えしている経費の領収書をキャッシュフィールドに買い取ってもらい、現金として受け取ることができるシステムです。

借金とは違う?ファクタリングサービス

キャッシュフィールドは、貸金業ではないため、借金ではありません。

将来受け取ることができる立て替えした経費分を、キャッシュフィールドがファクタリングすることで、現金化することができるのです。

ファクタリングは「債権を買い取り、その債権分を回収する」というサービスで、借金とは違います。

利用者側にとっては、立て替えた経費を早い段階で現金化できたら嬉しいですよね。

お金を調達しようと思う時、多くの人は借金を考えると思うのですが、金融ブラックだったりすでに他社で借金があったりする場合、お金を借りることができない状況にある人もいます。

しかし、キャッシュフィールドで資金調達することは借金とは違うため、借入履歴には残らないのです。

経費の精算日前なのにまとまったお金が必要になった時など、借金をするのではなく、キャッシュフィールドに領収書を買い取ってもらうという、新しい現金の調達方法があるのです。

どんな立て替え経費を現金化することができる?

キャッシュフィールドでは、自分が働いている会社や取引先との間で発生した立て替え経費のうち、領収書や経費精算書があるものであれば、現金化の依頼をすることができます。
内容的には、次のようなものになります。

  • 会社から支給されている携帯電話の料金などの通信費

  • 電車代などの交通費

  • 出張などによる宿泊費

  • 仕事で立ち寄った施設の入場料

  • 飲食代

基本的には、会社宛ての領収書であればキャッシュフィールドの利用対象になります。

立て替え経費現金化の手数料は20%〜

立て替え経費の現金化を申し込みしようと思った場合、利用手数料が発生します。

立て替え経費の現金化サービスを実施している企業は急増していますが、中には手数料がかなり高い悪徳ファクタリングサービスもあります。

でも、キャッシュフィールドの利用手数料は、業界最安水準の20%〜担っています。

利用例

立て替え経費の精算金額が10万円の場合

  経費精算金額100,000円―手数料20%=80,000円

この場合、自分の手元には80,000円が振込されることになります。
その後、契約書に書かれている締切日までに、立て替え経費の精算金額である100,000円を振込すれば取引が終了します。

キャッシュフィールド利用の流れを解説

キャッシュフィールドを利用する際の流れをまとめてみました。

STEP1:申し込み

キャッシュフィールドの公式サイト内の下の方にある「お申し込みフォーム」に必要事項を記入し、申し込みをします。

まずは自分の情報について、必要事項を記入していきます。

次に、勤務先の情報を記入していきます。

利用時に在籍確認はありませんが、虚偽の申告をすることはやめましょう。

STEP2:必要な書類を提出

利用審査の時に必要になる書類を提出します。

  • 領収書や経費精算書類
  • 運転免許証など顔写真付きの身分証明証
  • 健康保険証
  • 直近2ヶ月分の給与明細書
  • 直近2ヶ月分の給与振り込みの確認が取れる銀行口座の入出金履歴
  • IDセルフィー(顔の近くで、写真付き身分証明書を持って撮影した写真)

これらを全て、オンラインから提出します。

※この中でも、直近2ヶ月分の給与明細書や、給与振込の確認ができる銀行口座の入出金履歴というので、返済能力があるかをチェックされます。
会社等への在籍確認がない代わりに、このような給与明細や通帳の入出金履歴で利用可能かどうかを判断されることになります。

STEP3:利用審査

申し込み書類を全て提出したら、利用審査に入ります。
審査は最短で5分で完了して、合否の連絡がきます。
審査の時間は15分以上かかる場合もありますが、審査に受かった場合も落ちた場合も連絡がくるので待ちましょう。

STEP4:契約

審査に通過したら、電子契約書に署名して送信します。

STEP5:立て替え経費を現金化

申し込みが終了したら、最短15分後に立て替え経費が現金化されて、自分が希望した銀行口座に振り込まれます。

STEP6:弁済

現金化された立て替え経費は、契約の際の書類に記されている期限までに、キャッシュフィールドから指定された銀行に振り込みをします。

忘れないように、経費の精算日には振り込むようにしましょう。
一度きちんと取引が成立すると、信用もつきますので、それ以後のやりとりもスムーズになります。

 キャッシュフィールドに関する質問

キャッシュフィールドを利用する前に、気になることをもう一度確認しておきましょう。

Q1.キャッシュフィールドを利用したら、どうやって弁済するの?

会社の立て替え経費の精算日に、弁済金をキャッシュフィールドの指定口座に振り込みをすればOKです。

Q2.本当に家族に知られずに現金化することができるの?

キャッシュフィールドは、利用者との2者間取引なので、家族や会社など誰にも知られることがなく、経費を現金化することができます。

Q3.取引の書類などが会社や家に届いたりしない??

キャッシュフィールドの取引は、電子契約書のオンライン取引になります。
ですから、会社や家に取引に関する書類が届くことはありません。
もちろん、会社への在籍確認もありません。

Q4.金融ブラックだけど借りることができるの?

キャッシュフィールドは、借金ではなく、立て替えた経費を現金化するファクタリングサービスなので、金融ブラックになっている人でも、利用することができます。借入総量規制に引っかかる人も同様です。

まとめ

急にお金が必要になった時に、勤めている会社や取引先の代わりに立て替えしている経費を現金化することができるキャッシュフィールドについてご紹介しました。

キャッシュフィールドは貸金業とは違うので「借金」とは違います。ですから、何らかの事情があって消費者金融などでお金を借りることができない人でも、キャッシュフィールドによる立て替え経費の現金化なら利用可能なのです。

もちろん利用手数料は発生しますが、急に現金が必要になった場合など、現金調達の新しい方法として知っておくと良いでしょう。

運営会社株式会社 信カンパニー
連絡先0956-37-8808
営業時間10:00〜20:00
休日年末年始