FX自動売買システム「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」の検証結果やメリット・デメリットを徹底解説!

FX自動売買システム「VENTURE BANK」の検証結果やメリット・デメリットを徹底解説!

「VENTURE BANKを使った人の意見を聞きたい」
「FX自動売買システムってよく聞くけど、本当に稼げるの?」

コロナの影響により、多くの方が経済的に不安を抱えている今の時代。安定した資金を得るために、あなたもこんなことを思っていませんか?

僕自身、今まで数々の自動売買システムをつかってきましたが、信頼できるものはありませんでした。というのも、世の中の自動売買システムは稼げないものが多く「自動で稼げるものなんてないんだなぁ」と思っていたのです。

しかし、VENTURE BANKをつかったことで、僕の考えは変わりました。今ではVENTURE BANKのおかげでお金の不安が減り、楽しい毎日を過ごせています。

この記事では、VENTURE BANKを実際に使ってみた感想やメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

VENTURE BANK(ベンチャーバンク)とは?

VENTURE BANKとは、AI(人工知能)を搭載したFXの自動売買システムのことです。FXの世界では自動売買システムをEA(エキスパート・アドバイザー)と呼んでいます。

毎日設定された時間に取引を行うシンプルなものから、組み合わさった条件が満たされたときに取引するものまで、自動売買の種類はさまざまです。一見「EAを使えば楽に稼げるのでは?」と思いますが、EAだけで稼ぐのは難しいといえるでしょう。

なぜなら、EAには相場の想定外な動きに弱いといった弱点があるからです。事前に設定された条件でしか取引できないEAは、アメリカ大統領決定の瞬間といった世界情勢についていけません。

つまり、EAは世の中の動きに適した相場分析を行っているわけではないので、市場が急変動すると損をしやすい傾向にあるのです。しかし、AIを搭載したVENTURE BANKは、従来のEAにはない過去10年以上もの相場データ・リアルタイムのビックデータを分析する機能があります。

そのため、リアルタイムの相場分析・対応が可能なVENTURE BANKはEAの弱点を克服したシステムといえるでしょう。

VENTURE BANK(ベンチャーバンク)の稼働実績・証拠

ではVENTURE BANKの実績はどのようなものなのでしょうか。VENTURE BANKの概要を聞いた段階では、かなり優秀な印象を受けました。

しかし、EAが優秀かどうかを判断するには、実際の稼働実績を見る必要があります。稼働実績には合計金額・期間・利益のタイミングなど、さまざまな成績がのっているためEAの実力を確認できるのです。

まず公式サイトにVENTURE BANKの月利は平均39%とかいてありました。相場が動いている平日22日間で月利39%を単純計算すると、5万円の証拠金であれば毎月平均1万9,500円の利益になります。

またVENTURE BANKのLINE追加後に見られるサイトに直近の年間実績がのっていたので、そちらも確認しました。

内容を確認すると、確かに月利39%に近い利益を出しており、直近1年間では広告通りの実績を持っているようです。ただし、システムを過去相場に合わせて最適化して、成績のいい過去検証データを見せるケースがEAにはあります。

つまり、過去実績のいいEAでも、実際のリアルタイム相場では稼げないというパターンも多いのです。そのため、僕が実際にVENTURE BANKを調査検証した結果もお伝えしていきます。

VENTURE BANKを実際に調査検証してみた

経験上、魅力的な内容のEAはほとんどが誇大広告だと思っていたので、実際に使うまでは僕もVENTURE BANKの性能が信じられませんでした。また前述した通り、過去実績のいいEAでもリアルタイム相場で稼げる保証はないため、僕はまず最小金額の5万円で運用をスタートさせました。

結果からお伝えすると僕の検証では、1ヶ月で約1万8,000円の利益。VENTURE BANKはいい意味で期待を裏切ってくれました。

もちろん結果に個人差はあると思いますし、実際の月利は37%ほどでしたが、広告に近い実績がでているため数字面は信用できると思います。

VENTURE BANK始め方の3ステップ

次に、検証のため僕がどのようにVENTURE BANKを始めたのかを以下の3ステップにわけて解説いたします。

  • LINE申し込み
  • 口座開設をした
  • システムを起動で自動運用開始

順番にご説明します。

ステップ1 LINE申し込み

最初はLINEの申し込みです。VENTURE BANKは申し込みから運用までスマホで完了するので「パソコンがないからどうしよう」という心配も必要ありません。
難しい作業はなく、サイトの申し込みボタンを押すだけなので安心でした。

ステップ2 口座開設をした

次にFXで取引をするための口座開設をしました。口座開設後は運用資金を入金するので、推奨金額の5万円を入金。

口座開設のやり方でわからないことがあっても、サポート対応がしっかりしているので未経験の方でも迷わないでしょう。

ステップ3 システムを起動で自動運用開始

最後はVENTURE BANKのシステムを起動するだけです。スマホの操作が得意でない方でも簡単にシステム起動が行えるようになっていました。

システムが起動されたら、VENTURE BANKが自分の代わりに自動運用をしてくれます。あとはお仕事をしていても、寝ていても自動で取引してくれるので、やることは事前準備のみの印象でした。

VENTURE BANKのメリット・デメリット

ここからは、僕が実際にVENTURE BANKをつかって感じたメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

VENTURE BANKのメリットと感じた点は以下の5つです。

  • 完全自動なので、FX未経験でも使える
  • 忙しくてもほったらかしで運用できる
  • 取引判断で頭を悩ませる必要がない
  • 安心の個別サポートがある
  • 90日間の全額返金保証がついている

それぞれ、順番に解説していきます。

メリット1 完全自動なので、FX未経験でも使える

VENTURE BANKは、完全自動売買なのでFXの勉強をせずとも利益を目指せます。本来FXで利益を狙うためには本で知識を学んだり、実際に取引したりといった経験が必要不可欠です。

しかし、VENTURE BANKは取引が自動化されているため、膨大な学習・努力をする心配はありません。つまり、今までの経験・知識・センスに関係なく、たとえFX未経験の方でもFXを始めることができるのです。

取引に自信のない方や、全くのFX未経験の方からすれば、VENTURE BANKに任せて利益を狙える点は大きなメリットといえるでしょう

メリット2 忙しくてもほったらかしで運用できる

VENTURE BANKをつかうことで、時間に余裕を持ちながら資産形成ができる点が2つ目のメリットです。EAのいいところは、24時間休むことなく自動で取引を続けてくれる部分だといえます。

さらにVENTURE BANKは、AI分析を駆使した高精度な取引を任せられるので、安心して自分の時間を過ごすことができるのです。僕自身FXは副業で行っているので、本業が忙しいときにVENTURE BANKに運用を任せられるのはうれしいポイントでした。

仕事に集中していても、大好きな趣味に没頭していても、EAが休まず運用を続けてくれるので、僕のように仕事が忙しい方や趣味・家族の時間を優先したいという方にはおすすめといえるでしょう。

メリット3 取引判断で頭を悩ませる必要がない

3つ目のメリットは、余計な取引判断をする必要がない点です。FXにおいて自身の取引判断は負ける要因のひとつとなります。

なぜなら、人は取引の判断に感情を持ち出してしまうからです。たとえば、FXの取引で損をしたときに、人は「早く損を取り返したい」と考えてしまいます。

これはプロトレーダーと呼ばれる上級者でさえやってしまうことで、焦り・不安・欲といった感情から取引の判断を誤り、より大きな損を生んでしまうケースがあるのです。しかし、その点VENTURE BANKではシステムが淡々と条件に従って取引してくれるので感情に左右されることが一切なくなります。

つまり、わざわざ難しい相場を判断する必要がないので、取引判断で頭を悩ませることがなくなるのです。VENTURE BANKはリアルタイムで最適な取引判断を行っているため、利率も安定しているのだと思います。

メリット4 安心の個別サポートがある

4つ目のメリットはVENTURE BANKに個別サポートがついている点です。機械が苦手で操作を聞きたい方、FXについて質問がある方など、人によってそれぞれ疑問点は違います。

また、初めてFXに挑戦される方は、口座開設といった作業に不安を覚えるかもしれません。しかし、VENTURE BANKでは初心者の不安を解消してくれる安心の個別サポートがついています。

僕も、VENTURE BANKのシステムで質問した際は、サポートスタッフの方が丁寧に対応してくれました。ささいな内容から聞きにくいことまで、すぐに疑問を解消できることは初心者の方にとって、かなりの安心材料になるでしょう。

メリット5 90日間の全額返金保証がついている

最後のメリットは、VENTURE BANKに90日間の全額返金保証があることです。全額返金保証はFX商品でも珍しく、性能に自信がなければつけられないでしょう。

どれほど利益がでるのかを自分自身で確認してから利用継続の判断ができるので、購入して損をするのが怖いという方にも返金保証はうれしい制度ではないでしょうか。そのため、利用を迷う方は実際に90日間VENTURE BANKを試してみるのもいいと思います。

デメリット

次にVENTURE BANKのデメリットについて解説します。

デメリット 100%利益を保証してくれるものではない

VENTURE BANKに限らないことですが、100%利益を保障してくれるシステムは存在しません。というのも、FXの相場は常に価格変動リスクを伴うため絶対の安全は確保できないのです。そのため、VENTURE BANKでも分析しきれない世界経済の急変動があれば、場合によっては損失を被る可能性もあります。

しかし、このデメリットはFXを行う以上避けては通れないものですし、VENTURE BANKは損を最小限に抑えられるシステム設計になっているように思います。利益を得るにはリスクが必ず付きまとうものなので、それを許容できるか否かも、FXに挑戦するうえで大事な部分といえるでしょう。

VENTURE BANKの口コミ・評判

では、最後にVENTURE BANKを利用した他の方の声も紹介していきます。これからVENTURE BANKの利用を考えている方はぜひ参考にしてください。

控えめに言って、優良案件でした

VENTURE BANKは控えめに言って、優良案件でした。僕が今まで使ってきた経験上、ほとんどの自動売買システムがハイリスクハイリターンなものばかり。

なので、今回も全く期待はしていませんでしたが、実際に3ヶ月間利用してみて、月利42%で利益は88,200円になっています。正直、毎日5万円・毎週10万円とか夢のあるFX自動売買システムとは違いますが、十分すぎるくらいです。

ベンチャーバンクさんはHP上でも平均月利39%と謳っており、僕の実績では月利42%をマークしているので、しっかりとした実績を提示されている信用できる会社さんだと思いました。サポートの方の対応も早くて、本当に助かっています。

引き続きこのクオリティを維持して欲しいですね!

実際に使用した結果、優良案件であると判断しました。

実際に私が約6ヶ月に渡りVENTURE BANKを利用してみました。結果からお伝えすると、投資金15万円スタートで現在の利益は342,497円。

正直FX自動売買システムにはあまり期待してなかったので、この思いもせぬ結果には驚嘆し喜び狂いました。実際、平均月利39%には届いていませんが、それに近しい利益は計上することができました。

15万円の軍資金で6ヶ月34万円の利益なので、平均月利は38.06%でした!以上のことから、VENTURE BANK(ベンチャーバンク)は数少ない優良案件だと判定しました。

まとめ

今回は、VENTURE BANKを使用した感想からメリット・デメリットまでをお伝えしました。VENTURE BANKなら、初心者の方やお仕事で忙しい方でも利益を狙うことができるでしょう。

安心の個別サポートと90日間の全額返金保証がついているため、疑問点はその都度サポートに確認できますし、未経験者の方にもおすすめです。

資金運用は5万円程度から始められるので、これを機にFXで資産運用を始めたいという方は、VENTURE BANKへお申し込みをしてみてはいかがでしょうか。